①PRP 療法とは

PRP(Platelet-rich plasma)とは摂取した血液を遠心分離にかけて、血小板を抽出した液体(多血小板血漿)の事を言います。
指や手を切ってしまったときなどにカサブタが出来て、元に戻った経験があると思います。それは、血液の中に含まれる血小板が重要な役割を果たしています。打撲や捻挫でも、皮膚を切った時と同じように血小板が重要な役割を果たし、血小板から傷んだ組織の修復を促進する物質(成長因子)が供給され、傷んだ組織を元通りに直そうとする自己治癒機転が働いています。
PRP 療法は、この「自己治癒力」をサポートする治療法で、患者様ご自身の血液から抽出した「多血小板血漿(PRP)」を、実施部位に注射する再生医療で、早期治癒や疼痛軽減の効果をもたらします。

PRP療法

②PRP 療法の適用疾患

※スマートフォンで表示の方は表を左右にスクロールできます。

病気の種類 疾患名
関節の病気 変形性膝関節症・変形性足関節症・変形性指関節症・変形性股関節症など
スポーツ活動によるケガや病気 テニス肘(上腕骨外側上顆炎)・ゴルフ肘(上腕骨内側上顆炎)・野球肘(肘内側側副靭帯損傷)・アキレス腱炎・ジャンパー膝(膝蓋腱炎)足底腱膜炎・手根管症候群・捻挫・靭帯損傷・半月板損傷・肉離れなど
腰の病気 腰痛(椎間板変性、多裂筋変性、仙腸関節炎、椎間関節症)など
肩の病気 五十肩・四十肩(腱板炎、滑液包炎)など

③治療にかかる費用

保険適用外(自費診療)のため、費用は全額自費負担となります。
当院所定の施術料をお支払いいただきます。
施術料…PRP 治療 1 回 150,000 円(税込)

④長所と短所

長所
感染症やアレルギー反応など副作用リスクが低く、身体への負担が少ないです。

短所
効果に個人差があり、実施後の数日間、痛みや腫れ・熱感などを伴うことがあります。 これらの症状は一過性で数日かかる場合もあり、徐々に改善していきます。