医療法人EMSでは救急医を募集しています。
直接ご応募頂いた先生には支度金100万円を支給いたします。 ※条件があります。

より充実した採用体制を作るため、直接事務局へお問い合わせ頂き、入職された先生には支度金100万円を支給いたします。

※紹介業者からのお問い合わせや短期研修の先生は対象外とさせて頂きます。

地域医療において「かかりつけ医」+「救急医」という新しい形の救急クリニック

当クリニックは2013年に薩摩半島の南部、南薩二次医療圏のほぼ真ん中、鹿児島県南九州市川辺町に開設された24時間365日の救急受け入れを行う有床診療所です。

開業以来、地域・患者さまの求める医療を追求し、「決して断らない」救急医療を提供してきました。開院から8年経った現在では、南薩4市(南九州市、枕崎市、南さつま市、指宿市)、約13万人の住民にとっても、連携する病院にとっても、なくてはならない存在になったと自負しております。

新生児から超高齢者まであらゆる徒歩来院の患者さんを診ています。
プライマリーケアの知識・技術が必要です。
ERのご経験があれば問題ありません。
初診後は、他院に紹介せずに、引き続き、かかりつけ医として再診で診ていきます。
診察はまずは再診を担当し、徐々に慣れていきますので心配は要りません。

充実した検査体制や迅速な救急医療のための仕組み作り

救急医療を行ううえで必要な最新の設備・医療機器を備えています。
CT、MRIは24時間撮影可能です。
採血も救急項目であれば30分以内に結果が出ます。
大病院にある医療設備は全てあると思っていただいて大丈夫です。
町医者でありながら、質の高い医療を提供しています。
救急室からCTまではわずか1m程度で、重症患者さまを一秒でも早く治療するために
救急専門医の開業したクリニックならではのコンパクトな動線がつくられています。

週3日32時間勤務!給与2,000万円~!※条件があります。
(年齢や経験、専門医の有無によります。また短期研修ではなく就職に限ります。)

ワークライフバランスを考えた勤務体制

救急クリニックという名前から、救急ばかりの負担の多い勤務が想像されがちです。
しかし、当クリニックでは「一生救急医を継続する」ことを目標に、常勤の先生は週 3 日勤 務(2 日当直)となっています。
つまり週休 4 日でのご勤務となり、無理のない勤務ができます。既に令和 6 年度の働き方 改革の基準を満たしています。
労働基準監督署にも確認済みです。
週 32 時間勤務、深夜オンコール 2 回です。
2 週間を工夫して勤務すれば 1 週間の休暇がすぐ取れます。
(1 週目:週の初め、2 週目:週末勤務にした場合)
また、入院ベッドは 4 床ありますが、1~2 日の入院のみであるため、主治医呼び出しなど もありません。
給与は 2,000 万円~(年齢や経験、専門医の有無によります。また短期研修ではなく就職に 限ります。)のご提示が可能です。
全国からの通勤可能です。
当クリニックは鹿児島にございますが、東京や大阪などから飛行機でお越しいただくこと も可能です。
空港にお車をご用意しておりますので、ご利用いただき、1 時間程度でクリニックに到着で きます。
もちろん、通勤のための交通費(新幹線代、航空券代)は全額支給いたします。
航空会社も自由でマイルが貯めれます。

安心診療サポート体制

慣れるまで2人勤務可能ですし、困った場合はLINEで他の常勤医に相談可能です。
特に理事長は24時間いつでも対応可能です。
看護師も業務に慣れているので、医師のサポートもでき、何でも相談できます。

救急医のワークライフバランスを考え、充実した人生を送るために!
ぜひ、ご興味をお持ちの先生はお気軽にお問合せくださいませ!

充実した当直室と食事提供

当直室はビジネスホテルのシングルルームと同じ作りです。
トイレ、シャワーが室内にあり、ベッド、冷蔵庫、机、テレビ、ソファがあります。もちろん広さも十分あります。

将来の分院長昇格制度

しばらく勤めてから、分院長を希望する場合は、分院長へ昇格も可能です。

海外へ救急クリニック輸出計画

ベトナムへ救急クリニックを作る計画も進行中です。
国内と同じようにベトナムに通う、通勤する勤務スタイルです。
将来ベトナムに通勤してみたい先生にもお勧めです。

法人独自の医学部奨学金制度

当法人に 10 年以上勤務された先生方を対象に、子供さんが医学部に入学された場合にご利用可能な奨学金制度があります。

救急医のワークライフバランスを考え、充実した人生を送るために!
ぜひ、ご興味をお持ちの先生はお気軽にお問合せくださいませ!

入職された先生方の感想

A先生(前職:大学病院)
メリハリがつき、当直が週2回あるにも関わらず、身体は楽になった。
大学病院と比べると雑務も無く、患者に集中出来るので精神的にも楽になった。
自分の時間を作れ、精神的にも肉体年齢も若くなった、気がする。
急性期から慢性期の幅広い知識が必要ですが、それがとてもやり甲斐があります。

B先生(前職:救命救急センター)
メリハリがついた勤務で、超過勤務がなく呼び出しもない。
家族との時間も多くとることができる。
収入も安定。
内科外科問わずとにかく診てみるという姿勢は必要だが、救急医としてのスキルも保ちながら患者を継続的に管理する総合力もつく。

C先生(前職:救命救急センター)
オンオフがはっきりあり働きやすい。
施設が使いやすく当直でも過ごしやすい。
理事長やスタッフが親切です。
マイルが貯まります。

D先生(前職:市中救急病院)
今まで以上にon-offがはっきりしている。
長期休みを取りやすい。
多種多様な疾患/外傷が来るので勉強になる。

 

【医師募集内容】
※スマートフォンで表示の方は表を左右にスクロールできます。

勤務形態 ■ 分院長
(救急科、内科、外科、整形外科、その他科目問わず)
■ 常勤医師
(救急科、内科、外科、整形外科、その他科目問わず)
■ 非常勤医師
(救急科、内科、外科、整形外科、その他科目問わず)
給与 年収 2,000 万円~6,000 万円
(最低年俸 2,000 万円を保証、実績により 6,000 万円まで支給可能
年収 2,000 万円 日勤帯 80,000 円/回
夜勤帯 100,000 円/回
勤務時間 日勤帯 9:00~18:00
夜勤帯 18:00~9:00
(週 4 日勤 2~3 当直)
日勤帯 9:00~18:00
夜勤帯 18:00~9:00
(週 3 日勤 2~3 当直)
日勤帯 9:00~18:00
夜勤帯 18:00~9:00
休日 シフト制による (休日の呼出はありません)
待遇 社会保険完備(分院長・常勤医師)
マイカー通勤可、交通費全額支給(県外から飛行機・新幹線通勤も可能です。)
備考 医師専用の当直室完備 (室内にトイレ・シャワー設備有)
その他 自己資金ゼロで開業できます。法人へのロイヤリティもありません。
土地、建物、医療設備など全て法人負担。
実績により退職金も法人で負担致します。
24 時間 365 日急患対応は厳守頂きます。
  日当直、土日連勤、日勤だけ、当直だけといった様々な働き方に対応いたしますので是非お問い合わせください。

 

常勤医師のシフト例

常勤医師のシフト例

宿直室

宿直室01

担当医の宿直室は、テレビ・冷蔵庫・ベッド完備の落ち着いた雰囲気の個室です。

宿直室02

お問い合わせフォーム