本日より約1週間の予定で、当院の看護師が、熊本県での令和2年7月豪雨災害に対して、災害救助に派遣される事になりました。

大変なお仕事だと思いますが、怪我に注意して頑張っていただきたいと思います。

医療法人EMS 広報




本院・分院では鹿児島県内での新型コロナウイルス感染症流行のため、職員を増員して、連日PCR検査を行っています。

院内は安全ですので、ご安心ください。

疑いのある患者さんは全員、車内で待機していただき、検査も全て院外で行っています。
言うまでもなく、検査を担当する医師、看護師の感染対策も万全の体制で行っております。
院内は安全ですので、ご安心ください。

院内では、マスクを着用していただき、出来る限り、三密を避けて、手洗いを徹底してください。

発熱外来 9時~11時
受付   8時30分~10時30分
予約電話番号
本院 0993-78-3789
分院 0993-36-5505




鹿児島県内で新型コロナウイルス感染症のクラスターの発生が起こりましたので、松岡救急クリニック(南九州市)および松岡救急クリニック分院(曽於市)では、積極的にPCR検査を実施しています。

松岡救急クリニックPCR検査について

濃厚接触の疑いがある患者さまは必ず事前に電話連絡を頂き、詳細をお伝え願います。
また、ご来院時にはクリニックには入れません。必ず車中にて待機頂きますようお願い致します。

発熱外来 9時~11時
受付   8時30分~10時30分
予約電話番号
本院 0993-78-3789
分院 0993-36-5505




現代書林より発売されている松岡院長の「救急を救う男」を南九州市の図書館(知覧・川辺・頴娃)、及び各小中学校の図書室へ寄贈させていただいております。

医師不足の中、興味を持っていただき少しでも医師を目指すお子様が増えていただければと思っております。

機会がございましたら、ぜひ手に取ってみていただければと思います。

医療法人EMS 広報




松岡院長の外部団体の役職が増えております。
より一層、よりよい地域の医療体制の構築に貢献できるよう努力していきます。
ご要望等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

  • 南薩三市救急指示病院連絡協議会 会長
  • 南薩医師会 理事
  • 鹿児島県医師会 予備代議員
  • 鹿児島県医師協同組合 総代

医療法人EMS 広報




今回、医療系雑誌の取材を複数受けておりますのでご紹介いたします。
色々な媒体で松岡救急クリニックの紹介をしていただいております。

  • ドクターズマガジン
  • コドック
  • エムスリー(医師紹介会社)のWebインタビュー

医療法人EMS 広報




世界中医薬学会から「中医基本名詞術後中日英対象国際標準」の出版にあたり国際中医師A級を持つ松岡院長へ執筆協力の依頼がありました。

中国語の日本語表記の担当として協力しております。

通常診察の他にも数々の執筆協力をしておりますのでご紹介させていただきました。

医療法人EMS 広報




令和元年度の診療実績を集計致しました。

救急車搬送件数    625台
時間外来院患者数 11,120人
外来総患者数   67,219人

時間外来院患者数、外来総患者数共に当院実績で過去最高人数の患者様に来院していただいております。

一昨年度も時間外来院患者数では実績公表されている鹿児島県内の病院で最多の来院数でした。昨年度も現在公表内では最多となりますので、2年連続で時間外来院患者数が鹿児島県内最多となっております。

今後とも地域の皆様が安心して診察に来ていただけるよう医師をはじめ職員一同努力して参ります。

日々の健康管理からお体で心配な事等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

医療法人EMS 広報




現在、鹿児島県では、県内での新型コロナウイルス感染症の新規の発生はありません。
全て県外で感染し、鹿児島県内で発生した患者さんの追跡調査も完了している状態です。

そのため当院では、発熱の患者さんに対して過剰な対応はとらず、県や医師会が出す方針に従って診療を行っています。

現在、コロナウイルス感染症の疑いが少しでもある方は、車内で待機をお願いしておりますが、熱があっても明らかに症状が異なる場合は、一定の距離をとって院内に座ってもらうようにしております。

それは、地域でコロナウィルス感染症は一例も認めておらず、それ以外の疾患に伴う発熱が圧倒的に多いためです。

新型コロナウイルス感染症以外にも、重症な疾患はたくさんあります。
新型コロナウイルス感染症だけが病気ではありません。

今後県内でも新型コロナウイルス感染症の患者さんが増えて蔓延した場合、速やかに発熱外来を設置する準備はできております。

具体的には、時間帯を区切って、救急室とCT室を汚染区域として、発熱の患者さんの診察、検査を行います。

入り口も通常の患者さんと完全に分けて、汚染区域だけを完全隔離して対処するのは言うまでもありません。

PCR検査は午前中に行い、同日夕方には結果が報告できる体制になっています。
感染予防としては、HEPAフィルター空気清浄機の設置、発熱外来担当のスタッフはゴーグルやガウン装着を行います。

しかし、まだ鹿児島県内、とくに南薩ではそのような蔓延状態には至っていないので、皆様は、必要以上に怯えず、慌てずに、落ち着いて対処するようにしてください。

また、もし蔓延に至っても、当院には備えがありますので、皆様のために最大限努力する事をお約束いたします。

令和2年5月1日




当クリニックは国と行政の指針により厚生労働省指定の帰国者・接触者外来を設置している医療機関となっております。検査等により新型コロナウイルス感染症に感染が疑われる患者様はPCR検査を行います。

発熱や呼吸器症状が続く患者様は、必ずお電話を頂いたうえでご来院ください。職員から受診時の指示をさせていただきますので、ご理解とご協力の程宜しくお願い致します。

詳しい検査日程等決まりましたら、随時ホームページにて更新させていただきます。

まずはお電話:0993‐78‐3789