最新・最良の医療を南九州市に

急性期医療と慢性期医療の両方の役割を担う新しいクリニックで、昼夜を問わず、救急医療を行っています。

クリニックの特徴

県知事によって認可された救急医療における特例診療所、救急告示医療機関です。
救急患者の短期間の入院が可能です。

CT・MRIなどの医療機器を導入しております。

CT室
CT
MRI
MRI


当院は個人の診療所ですが、「日本救急医学会専門医認定施設の関連施設」です。
鹿児島大学病院
鹿児島市立病院
飯塚病院
今村総合病院
米盛病院
と連携を結んで研修医の受入をしています。
救急科専門医の育成に力を入れています。

ごあいさつ

院長-松岡良典
院長-松岡良典

急な病気やケガは、昼夜を問わず発生します。
そんな万一の時、いつでも当院へお越しください。

また急病に限らず、持病が悪化した時、健康面で不安を感じた時など、いつでもご相談ください。

これからも安心できる救急医療体制の構築のために精一杯努力していきます。

最新最良の医療を提供できるように24時間365日、日々研鑽を重ねてまいります。

院長プロフィール

佐賀大学医学部卒業
九州大学医学部大学院卒業
医学博士
鹿児島大学医学部非常勤講師
警察検視医
元佐賀大学医学部附属病院麻酔・蘇生学 講師
元佐賀大学医学部附属病院集中治療部 副部長

所有する専門医

日本救急医学会専門医
日本整形外科学会専門医
日本脳卒中学会専門医
日本集中治療医学会専門医
日本整形外科学会認定リウマチ医
日本整形外科学会認定スポーツ医
日本麻酔科学会認定医
厚生労働省麻酔科標榜医
日本医師会認定産業医

麻酔・救急・集中治療を中心として、外科系は整形外科、内科系は脳卒中を専門としています。
全て学会認定の専門医を取得しています。

所有するその他の資格

JATECインストラクター
JPTECプロバイダー
ICLSプロバイダー
ISLSプロバイダー
ACLSプロバイダー(American Heart Association公認)
BLSプロバイダー(American Heart Association公認)
国際中医師A級(中国政府衛生部、国家中医薬管理局認定)
国際薬膳師A級(中国政府衛生部、国家中医薬管理局認定)
中医薬膳師
ボトックス講習・実技セミナー終了
(上肢痙縮、下肢痙縮、眼瞼痙攣・片側顔面痙攣、痙性斜頸、下肢痙縮に伴う尖足、重度の原発性腋窩多汗症)

心肺蘇生などの救急関係の資格(指導者資格も含む)の他、中医学の資格も所有しております。
西洋医学・東洋医学の両面からの治療が可能です。

所属学会

日本救急医学会
日本整形外科学会
日本脳卒中学会
日本集中治療医学会
日本麻酔科学会
Society of Critical Care Medicine

多分野の学会に所属し、知識を深めるようにしています。
海外の学会にも所属しています。

これまで勤務した病院

九州大学病院救命救急センター
県立広島病院救命救急センター
飯塚病院
東京大学医学部大学院
虎ノ門病院
聖路加国際病院
聖マリア病院
佐賀大学医学部附属病院

全国の病院で研鑽しております。
救命センターで昼夜を問わず技術を磨いてきました。

海外研修

Stanford University School of Medicine
Division of Clinical Anatomy

最近の国内講演

  1. 鹿児島救急救命士会夏季研修会2013年
  2. 鹿児島救急医学会 2015年
  3. 筑豊重症患者治療研究会 2016年
  4. 鹿児島臨床救急研究会 2016年
  5. 第20 回福岡臨床研修セミナー 2017 年
  6. 関節リウマチの診断と治療、中外製薬社内研修会 2018年
  7. 日本在宅医療学会 2018年
  8. 第20回筑豊地域救命救急研修会 2018年
  9. 東明館学園創立30周年記念式典 2018年
  10. 平成30年度ふれあい・いきいきサロン交流研修会(美東市) 2019年
  11. ヒアルロン酸の必要性と有効性について 科研製薬社内研修会 2019年

聴講者の声・アンケート結果

>>第20回筑豊地域救命救急研修会アンケート結果

講演依頼はこちら

お問い合わせフォーム

著書

国内外多数あり
以下は海外で発売中の図書です。

Applied Technologies in Pulmonary Medicine
Applied Technologies in Pulmonary Medicine
Prognosis and Readmission
Readmission to the intensive care unit for patients with lung edema or atelectasis

 

Noninvasive Ventilation in High-Risk Infections and Mass Casualty Events
Noninvasive Ventilation in High-Risk Infections and Mass Casualty Events
Chapter No.19 NIV in Tuberculosis

 

Noninvasive Mechanical Ventilation Second Edition
Noninvasive Mechanical Ventilation Second Edition
4. Nasal Pillow for Sleep Apnea Syndrome:
Key technical Determinants and Clinical Evidence

最近の著書

MRI2 台体制が救急クリニックにもたらす臨床的価値

月刊新医療 2014年9月号
解説:MRI2 台体制が救急クリニックにもたらす臨床的価値

論文

海外の筆頭論文のみ掲載します。
海外の先生方と共同研究による論文もあります。

    1. Molecular imaging contrast media for visualization of liver function in vitro
      Matsuoka Yoshinori, Murata Masaharu, Huzisaki Yuri, Narahara Sayoko, Shinzato Nao, Hashizume Makoto
      Magnetic Resonance Imaging 2010 Jun;28(5):708-15.
    2. An increase in weight worsens the respiratory state and leads to intensive care unit re-admission
      Matsuoka Yoshinori, Zaitsu Akinori
      IJCCM 2007 | October-December | Volume 11 | Issue 4
    3. Investigation of the cause of readmission to the intensive care unit for patients with lung edema or atelectasis.
      Matsuoka Yoshinori, Zaitsu A, Hashizume M.
      Yonsei Med J. 2008 Jun 30;49(3):422-8.
    4. Cardiopulmonary arrest caused by acute abdominal aortic thrombosis
      Matsuoka Yoshinori, Hashizume M.
      BMJ Case Reports 28 April 2009
    5. Lung injury and renal failure caused by potassium cyanide poisoning
      Matsuoka Yoshinori, Yasuda M, Hashizume M.
      BMJ Case Reports 9 December 2009
    6. Moyamoya disease with pentazocine associated cerebral infarction
      Matsuoka Yoshinori, Hashizume M.
      BMJ Case Reports 10 November 2010
    7. Accurate diagnosis and treatment of Vibrio vulnificus infection: a retrospective study of 12 cases.
      Yoshinori Matsuoka, Yoshiro Sakaguchi
      Braz J Infect Dis. 2013 Jan-Feb;17(1):7-12.
    8. Intensive care and non-invasive mechanical ventilation in kyphoscoliosis: are new perspectives still needed?
      Esquinas AM, Matsuoka Y, Adıgüzel N, Karakurt Z.
      Multidiscip Respir Med. 2013 May 7;8(1):31.
    9. Predicting survival after acute exacerbation chronic obstructive pulmonary disease (ACOPD): is long-term application of noninvasive ventilation the last life guard?
      Esquinas AM, Matsuoka Y, Stieglitz S.
      Int J Chron Obstruct Pulmon Dis. 2013;8:379-81.
    10. Noninvasive mechanical ventilation in high-risk pulmonary infections: a clinical review.
      Esquinas AM, Yoshinori Matsuoka; International NIV Network.
      Eur Respir Rev. 2014 Dec;23:427-38.

表彰等

医学研究により世界142カ国で有効な
国際特許を取得しています。
国際特許(PCT国際出願)
MRI診断用造影剤
整理番号:QP090098
出願番号:2009-218180
出願日:2009-09-18

表彰等は院内に掲示しています
その他は院内に掲示しています。

学会発表

  1. 緊張性気胸で見つかった右上葉巨大ブラの前縦隔ヘルニア破裂症例
    日本集中治療医学会2004.01
  2. 一年間にICUに再入室してきた患者を調査して
    日本救急医学会2004.09
  3. 長期IVH管理患者におけるNa+の呼吸に与える影響の検討
    日本集中治療医学会2006.01
  4. 長期ICU入室患者における体重と呼吸循環・栄養管理指数との関係について
    日本集中治療医学会2007.01
  5. 肝機能を可視化する分子イメージング造影剤の開発
    日本集中治療医学会2010.01
  6. 当院におけるVibrio vulnificus感染症12名の検討
    整形外科と災害外科2011.05
  7. 脳卒中片麻痺患者の骨折についての検討
    日本脳卒中学会総会2011.07
  8. Vibrio vulnificus感染症の治療戦略について
    日本集中治療医学会2012.01
  9. The amount of sodium in TPN therapy is correlated with P/F ratio with a one-day delay. The amount of sodium medication and the time required for weaning from a respirator are correlated.
    SCCM’s 35th Critical Care Congress January 7-11, 2006 in San Francisco, California
  10. Investigation of the cause of readmission to the intensive care unit for patients with lung edema or atelectasis.
    SCCM’s 38th Critical Care Congress January 31-February 4, 2009 in Nashville, Tennessee
  11. 救急医療におけるライフワークバランスとして救急クリニックを開業する選択
    日本救急医学会 2014.08
  12. 地方における救急クリニックの重要性
    日本救急医学会九州地方会 2015.05
  13. きみは一生救急医を続けられるか‐地方における救急クリニックの重要性
    日本救急医学会 2015.10
  14. 鹿児島県の救急医療の格差を救急クリニックで解決する
    日本救急医学会九州地方会 2016.06
  15. 全国の救急医療の格差は救急クリニックで解決できる
    日本救急医学会 2016.11
  16. 医療過疎地における救急クリニックの有効性
    日本救急医学会九州地方会 2017.06
  17. 救急クリニック開業は救急医を一生続けるための選択肢の一つである 日本救急医学会 2017.10
  18. 救急クリニックにおける日帰り手術症例の検討日本救急医学会九州地方会 2018.06
  19. 救急クリニックは救急医の新しい生き方となる日本救急医学会 2018 .11
  20. 救急クリニック開業を通して見えてきた今日本の救急現場で求められる医療について日本救急医学会九州地方会 2019.06

査読論文件数

2009年度
日本語雑誌査読論文数1通
外国語雑誌査読論文数2通
2012年度
外国語雑誌査読論文数1通

取材等

テレビ取材

2013年
MBC
NHK
TBS報道特集
で数回放送されました。

TBS報道特集

2014年
MBC
クリニック開院1年半後の現状について放送されました。

MBC取材画像

2015年
Asia This Week
海外で放送された番組です。

Asia This Week

MBCで数回放送されました。

MBCで数回放送されました。

雑誌取材